0105043
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
あわや大事故
 きのうのこと。

 お天気のいい中、車の運転をしていた。高速道路。

 「左からの合流にご注意ください」とナビが言うので、早めに追い越し

 車線に移動した。みると、けっこうな数の車が合流してくる模様。

 よかった〜、移動しておいて…と思った数秒後、合流車線を過ぎたあたりで、いきなり、走行車線の車が幅寄せのように近寄ってきた。

 「危ない」と叫んでも、相手のドライバーには聞こえず。

 もう、左の前にぶつかるぞ、という瞬間、ブレーキと右にハンドルを

切ったおかげで、車にぶつかることは回避できたものの、今度は右のガードレールが迫ってくる。慌てて右にハンドルを切って、なんとか助かった。

 ナビに「危険運転です」と言われても「ごめんなさ〜い」とか「オレのせいじゃね〜よ」と言い返す余裕なし。

 走行車線にも、後ろにも車が詰まっていたら大変だったよな。

 要は…。合流してきた車が、右に指示機を出したまま、横にスライドするように、追い越し車線に入ってきたのである。

 ドライバーには、私の車は見えていなかったのかろうか?

 しかも、私の車よりスピード出していなかったら追い越せないだろう。

 つか、大したスピード出していなかった私の車を追い越すパワーがないならそんな運転止めておけ。

 でもね、人生最大のピンチ、私の心臓バクバクドキドキもしていないし、体中が緊張することもないし、おこったことを全て冷静に、ゆっくりの映像で見れていたの。

 これって「すべてがスローモーションのように…」と言われるアレでしょうか?不思議。もっとパニックになるかと思いましたよ。

 あれでもし、私が右のガードレールにぶつかる事故を起こしても、きっとそのドライバーはおとがめなしなんだろうな…。それが悔しい。

 もし、法が裁かなかったら、私が裁いてやるぜ、ふふふふふ。

 でもね、私、そんな酷い目にあっても、クラクションならさなかったんだよ。

だってね…私、自分の車のクラクションがどこについているのか知らないの〜

(大爆笑)

 

 
2021年4月3日(土) No.6833

No. PASS
No. USER PASS