033695
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
ご近所さん
 我が家の数件先のお宅。息子さんが二人いる。

 引っ越して来た頃は、まだ小学生だったのだけれど、今やすっかりヤングな若者。

 今日、おぼっちゃまのお散歩でそのお宅の前を通った時、下の息子さんが玄関の前に立っていた。

 「こんにちは〜」と挨拶すると「こんちわっす」と挨拶返し。

 こんちわっすって…新鮮。可愛い。青春って感じ。

 しかし、ちょっと可笑しくなる。その息子さんが玄関の前に立っている、イコール家の鍵を忘れて中に入れないってことだから。

 小学生の頃からここの息子さんたちはよく鍵を忘れて玄関の前でお母さんを待っていた。お菓子を持って行って「これ食べてまってる?」と聞いたこともある。いりませんって言われたけど(苦笑)

 こんなに大きくなっても鍵を忘れるのか(笑)。先日お母さんが「まだまだ手がかかる」って言っていた意味がわかるような…。

 しかし、そこはオトナになった息子さん。今日は、私を追い越して公園からどこかに出かけていました。

 私も小学生の頃、鍵がなくて(置き鍵を母が忘れて)家に入れないってよくあった。今ならスタバや本やや時間を潰すすべはあるけれど、子供にはそんなすべはないものね。

 そういえば、小学校5年生の頃、リビングのサッシの窓の上の部分が少しあいていることがわかって、サッシのまん中の数ミリでっぱっている部分に脚をかけて登り、その小さな窓から中に入ったことがある。

 どうやったらそんな曲芸みたいなことができたんだろう。今でも不思議。

 息子チャン、もう家に入れたかしらね。

 写真は我が家の王子のあまりにもオヤジな背中。

 
2020年10月28日(水) No.6675

No. PASS
No. USER PASS