006208
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
結局のところ…
 富山に向かう新幹線でのお話。

 3人並び席の通路側に座っていた私。

 隣の男性の奥さんと赤ちゃんが一つ後ろの席の通路側に座っていた。

 並びで席が取れなかったのね。

 奥さんに「席、かわりましょうか?」と聞いたらすごく喜ばれて、席をチェンジすることに。

 新しく座った席の隣二人はカップル。私の横には彼氏、窓際には彼女。

 その彼氏、風邪を引いているらしく、手で口を塞ぐこともなくゲッホゲッホ。鼻水をズーズーすする。

 ひえ〜、やばい、この近距離。やばい、やばい。席かわったの失敗だったかな…。

 いやいや、ぐずぐず過ぎたことを悩むやっかいな性格の私のこと。

 新高岡に着くまで、奥さんと赤ちゃんと席をかわらなかったことを後悔し続けるに違いない。しかも、赤ちゃんがこんな風邪菌男の隣にいるのはよくない。

 私の決断は間違っていない!

 そう思い直し、お弁当を食べる私。今日はちょっと奮発して、どこぞのシェフが特別に作ったお弁当にしてみた。

 わざわざお品書きまでついてくる。うふふ楽しみ。

 しかし…これが…ビックリするくらい不味かった。

 どうまずいかというと、お酢とオイルの味しかしないんである。

 お肉だけはせめて美味しかったけれど、カボチャも他のお野菜も、酢とオイルの味しかしない。なんなんだよ、これは!お品書きいらんだろう!

 がっかりする私の隣でまだまだゲホゲホし続ける男(←男で十分だ、呼び方は!)

 心で叫ぶ「なんて日だ!」

 食事が終わって、おもむろに大きなマスクをしたけれど、ヤツはまったく気にしない(←ヤツで十分だよ)

 幸い、野郎は(←野郎で十分だ)軽井沢か長野で降りていった。

 その後は3席独り占め。良かった〜。

 私より先に降りた奥さんにとっても可愛らしい笑顔で「ありがとうございました」と言っていただけた。

 結局の所、良い日でした。

 
2019年8月3日(土) No.6218

No. PASS
No. USER PASS