035520
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
最新の日記 【10】件

なんか…元気でてきた!
 スセリ台本劇場、お稽古でした。

 本番近づいてきた〜。今年は配信もあります。さて、どうなるかしら。

 今年は本当に世の中大変で、私も4月のライブキャンセルになったり。

 この先、歌える日が来るのかな…なんて魂が薄くなってくる気持ちだったのですが。

 ちょこっと前向きになれる情報をいただいて、どうなるかは、まだまだ分りませんが、元気が出てきました。

 「こうでなければ」「こういうものだから」という既成概念を捨てれば捨てるほど、チャンスも出来ることも増えるわけで。

 色々考えているだけで、元気になってきた。頑張るぞ。

 とにかく、今はスセリ劇場、全集中。
2020年12月2日(水) No.6711

12月って、なんだよ?
 12月に入りました。今年は、なんなんでしょうね…。

 そして、いきなり寒くなりました。ワンコのお散歩の公園にひまわりが咲いているので、油断しておりましたが、寒いです。

 さてさて。流行語大賞が発表になりましたね。

 オトナの方は、まあまあわかるものもあったけれど、女子高生のはまったくわからなかった。ま、わからなくて当たり前だけれど…。

 それに「ぴえーんどすこい之助」なんて私が使っていたら、きっとみんなが引くはずだしな…(やってみるかな)。

 そういえば、高校生の頃、国語の教科書に安部公房の小説がのっていて、何の小説だったかは忘れたのだけれど、「チョッキはチキンと泣いた」という文章があった。

 これが、仲間内で大爆笑で、いつも笑っていた。お腹かかえて。

 それを、仕事の時にオトナに説明してもわかってもらえなかったことを思い出す。

 その年頃にしかわからない、笑いのツボがあるんだよね(遠い目)

 さて、いよいよ今週末に迫ってまいりました、スセリ劇場。

 今日も、明日もお稽古。楽しく頑張ります!
2020年12月1日(火) No.6710

なんて日だ!
 おぼっちゃまの病院で八王子へ。

 八王子の駅に着いた瞬間、なんかイヤ〜な予感がして、手帳を確認した。

 1時間間違えた。1時間早く着いてしまった。マジか(汗)

 駅のベンチで、ドッグカフェなどないかしらとググってみたけれど、あいにく近くにはない模様。トホホ。

 通っている病院は、予約時間ぴったりに入らないといけないシステムになっている。こりゃ、大変だな。

 ラッキーなことに昼間はぽかぽかと暖かかったので、ベンチに座ったりして時間を潰す。

 そして、病院の近くにワンコの入れる公園を発見。

 小さいけれど感じがよくて、しかも私とおぼっちゃまだけの貸し切り状態。

 気に入ってくれたらしく、そこでかなり長い時間遊んでくれました。

 良かった。

 もうね、私の記憶というか、意識というか、何かがヤバくなってきています。しっかりしないと。
2020年11月30日(月) No.6709

ふかふかお布団…きた
 前のシーズンに、冬用の掛け布団を捨てた私。

 しばらく夏の掛け布団で寝ていたのだけれど…。

 さすがに寒くなってきた。夕べは寒すぎて、掛け布団の上にもう一枚毛布をかけた。

 で、今日。届きましたよ〜、冬用の掛け布団。しかも家で丸洗いできるやつ。

 なんか、良い感じ。軽くてふっくらしていて。

 とにかく、今夜眠るのが楽しみでございます。
2020年11月29日(日) No.6708

ガーナのココア
 ガーナの料理を売っているキッチンカーに出会った。

 ガーナの人が食べるお芋で作る料理と、ココア。

 ものすごく興味がでて、ココアとパンのセットと、おいもの料理をテイクアウトしてみた。

 ココアはね…普通にココアだった(汗)パンはね、中にソーセージとチーズが入っている小さめのパン2つ

 美味しいけれど、普通のパンだった(汗)

 ガーナのお料理は、おいもで作った生地が、柔らかめのお餅みたいで、トマトソースと、初めて食べるソースがかかっていて美味しかった。

 でも…イタリアンみたいだった(汗)

 お料理としては美味しかったです。私、ガーナにいったい何を期待してしまったんだろう?

 写真は、今日の空。雲もなくて綺麗。でも夜は寒かった。
2020年11月28日(土) No.6707

価値観色々…
 おぼっちゃまの定期検診で病院へ。

 病院に行く時はタクシーを使う。

 最近のタクシーは、座席の前にテレビみたいなものがあって、色々な宣伝を観れるのだけれど…。

 最近気になっている宣伝。アジアで有名な日本人女性のパティシエ(美人さん)。彼女が作るケーキが、なんと、2万円するらしい。

 彼女曰く「数億円する芸術品ってあるじゃないですか。スイーツも芸術品だと思うので、2万円でもいいかなって…」(正確な言葉ではありません。こんな感じの言葉。詳しく知りたい方はタクシーに乗ってください)

 確かにお花が詰まったように見えるケーキとか。美しくて実物見てみたいと思う。

 しかし…。私には買えない。2万円のケーキ。だってさ、芸術品は手元に残るしいらなくなったら売れるけれど、ケーキは食べたらなくなっちゃうじゃない?

 記憶には残るけれど、記憶に2万円は払えない貧乏根性の私。

 で、考えてみた。その素敵なケーキ。いくらなら買うか。答え、5千円。

 自分の誕生日か、誰か大好きな方に差し入れの時とか(絶対喜んでくれる女性がいいな)

 美人のパティシエさん、普通の女性の手に届くような素敵なケーキ、作ってくれないかしら。

 写真は、病院から帰ってお疲れのおぼっちゃま。私は彼のために、ひたすらおいもとおからのクッキーつくりました。2万円のケーキとおからのクッキー(笑)
2020年11月27日(金) No.6706

そういえば!
 夕方のお散歩の時、お散歩仲間さんから「ルーちゃん耳は茶色いのね」と言われて、はたと気が付く。

 本当だ! 我が家のおぼっちゃま、顔も身体も白髪がいっぱいなのに、耳だけは白髪がない。

 面白い。なぜだろう?不思議。

 さて。今日、漢方のお薬をもらいに行ったのだけれど、ついでに買い物をしに入ったお店の隣に、占いコーナーがあった。

 なんとなく…そんな気持ちになって、手相やらなんやら見ていただいた。

 納得のいくこと沢山。なるほどな…。

 そして、以前から気になっていた私の生命線。

 なんと、2本めができてきたのですよ。そんなに長生きしたくないんだけど、どうなのかしら。

 伺ってみると、生命のパワーという意味もあるらしいのだけれど、やはり、恐れていた通り長生きしそうだそう。

 下手すると90歳とか(恐怖)いーやーだーっ!
2020年11月26日(木) No.6705

我が家にゆず茶がやってきた
 乾燥にやられて、今ひとつ喉の調子の悪い私。

 今日も、スセリ劇場のお稽古。のど、大丈夫かな…。

 なんて心配していましたが、お稽古中は何の問題もなかった。良かった。

 変な無理はせず。早寝をこころがけよう。

 そんな私に、ゆず妖精さんからゆず茶が届きました。

 可愛いイラスト付き。なんか、心癒やされる絵ですな。好き。

 このゆず茶にちょっとだけショウガを入れて喉のケアを致しましょう。

 嬉しいプレゼント。

 
2020年11月25日(水) No.6704

大森プロデュース いつかの宴
 大森プロデュース「いつかの宴」を観てきました。

 ちょっと切ない内容もあるのだけれど、見終わった後、暖かく、優しい気持ちになれた。

 あと、心が楽になったというか。

 帰り道歩きながら、幸せな気持ちになりました。観れてよかった。

 さてさて。空気の乾燥が半端ない季節がやってきましたね。

 のどの調子が若干よろしくない。

 12月の本番まで、大切にしなくちゃ。無理は禁物。
2020年11月24日(火) No.6703

素直に生きる
 ふと考えた。この数年の自分のこと。

 舞台が楽しくて、舞台の勉強をして…そんな日々。

 そこで大切な先輩や、仲間や、後輩に巡り会えた。

 ずっと同じ仕事をしていても、そこでの大切な出会いも、勿論あったと思う。

 でも、舞台を通して出会った方々とは、もし自分が舞台をやらなければここまで親しくなれていないと思う。

 そう考えると、この数年は間違ってなかったな…なんて。

 今日、その舞台の日々で出会った大切な方とのお別れの日でした。

 優しくて細やかでまっすぐで、教えていただくことばかりだった。

 まっすぐに生きたその方のことを思うと、私なんて逃げてばっかりだと感じる。

 素直にまっすぐ生きること。そろそろ始めないと。

 写真は、今日のイルミネーション。いつのまにか冬っぽくなってきました。
2020年11月23日(月) No.6702


[Admin] [TOP]
shiromuku(cu1)DIARY version 2.01